読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【ヴァイス】ラブライブ!エクストラ追加後 青赤

ヴァイスーデッキ

発売からずっと触っていたのがひとまず落ち着いたので。
今更ですけど。

「"Hello,星を数えて"星空 凛」採用

f:id:fate019:20160329220439j:plain

 

カムバック入

f:id:fate019:20160412092459j:plain

 

当初は「"Hello,星を数えて"星空 凛」を採用しての形をずっと回していたのですがどう頑張ってもこのカードを採用していることで落としているデッキパワーが尋常ではなかったので大人しく抜いてカムバックを入れた形にしました。
なので今回記事にするのはカムバックを採用した形の現行となります。

 

1.簡易解説

1-1.構築全体での目的

僕光西木野は自分の構築した山を壊すことで手札に還元していくカードです。
1周目はまだ山掘り加速という名目がありますが2周目以降は壊す可能性のほうが高くなります。
なので自分が使う上で決めたルールは「必要以上に欲張らない。取れればいい。」
というものです。
西木野テキスト1枚目が例えぷよ凛といったその段階での戦闘に全く関与しないカードであっても山を壊すよりは数倍マシなのでそこで止めます。
このルールを前提に使うことを考えた結果上から引くカードの質が高くなるように構築を変更するべきだと考えテキスト上で差がなく複数投入が可能な邂逅テキストを多目に投入し止めることが簡単になるようにすべきだと判断しました。
邂逅や僕光西木野が青で固まっているためデート西木野のテキストも途中で止めやすくなっています。

 

1-2.イベントカード

似たようなの型ラブライブ!では練習日和のカードが採用されていることが多いと感じます。(デッキから音楽2枚サーチ手札1枚カット)
自分もHello星空の頃から採用していましたがカムバック入りに切り替えた後Hello星空を使っていた時代よりストックがたまりストック管理の時に集中での処理をあまりしたくなかったこと、デッキ内のカードに触る手段は潤沢にあるが控室のカードに落ちたカードに触る手段がカムバックだけということで1ストック追加でしたが思わぬ失敗(かけなか互換)に変更しました。
特に後者の理由は大きくこのデッキのレベル3での使用カードは軒並み赤でデート西木野の対象外です。
それなのに1後半から集める優先度が他のカードより極端に高いのに山からでは集中か僕光連動でしか触れず前者だと捲った中に紛れ込んでいたら、後者では上4枚に存在していないといけず更に山を壊す可能性が上がります。
それを解決するためのカムバックアイコンですが如何せんトリガーのみでは不安定でどうしようかというところで存在に気づきました。
結果採用して正解でした。
1周目の山掘り速度は環境内でもかなり速さなのでほぼ1リフが見込めますし狙えます。
なのでそのタイミングでクロック置き場に赤のヒールカードを置いておき後でかけなかで回収するという流れを基礎プランに組み込めました。
カムバックでも同じことは出来るのですが狙って行えないため昔は0帯から置いて積極的に山に戻す策を取るしかありませんでした。
練習日和でのサーチも良いのですが見えていたほうが管理もプラン立てもはるかに楽でした。
このカードも過度な山掘りを防ぐためであり僕光西木野で欲張らないためにはというところから入ってきたカードです。

 

1-3.CX配分

今回CXの配分はカムバック5:ゲート3となっています。
が、正直ここのパターンは8:0・6:2・5:3・4:4・3:5のどれが一番いいのかまだまだ試していかなければいけないと思っています。
今回は配分として自分が好きだったというだけで5:3としました。
ゲートの選択肢が6以降ないのは手札でのダブつきを防ぐためとカムバック採用の理由がなくなるからです。

 

 

2.採用理由

2-1.簡単にだけ

・メイド高坂
ラブライブ!の相打ちとして最もスペックが高いカード。
中盤に山札を増やしドラを調整したり僕光西木野の対象カードを増やしたりCXを控室に落としたりと用途が広いです。
しかし赤を増やすとデート西木野の邪魔になるのでレベル0では5枚と決め今回3枚を咲きました。

・スクフェス園田
ここは現状2種目の相打ち枠でしょっちゅう変更しています。
FS高坂だったりキラセン南だったり。
今回は物語の中学生忍を意識して試すことにしました。
が、序盤での1ストックは集中に回したいので優先度が高いわけでもないため残りの2枚のスロット。
調整していく中で刺さっていると判断した場合は枚数が逆になったりするかもしれないです。

レベル0での赤5枚は1枚採用でしっかり仕事できるカードがあればそれと相打ち4枚でよいのですが現状無いと判断したため3:2でわけています。
一応候補として「"SUNNY DAY SONG"高坂 雪穂」をリストアップしてあります。

・キラセン星空
集中枠とこのデッキのメイン後列カード。
僕光西木野が起動効果でパンプ出来るので相性はいいです。
邂逅テキストのためにも早めに2枚配置したいこともあり最大数の4枚。

・デート西木野
ハンドカット4ルック。
ハンド管理を楽にしてくれるカードとして採用。
減らしてもよいのですが同じカードを多く採用して止めることを容易にするというコンセプトがあるのでこのカードも4枚。
レベル0での戦闘力はギリギリ及第点といったところ。

・ぷよ凛
赤で同テキストの高坂もいますがデート西木野で拾えないので青のこちら。
他のカードと違い0帯中に拾いたいため積極的に枚数を4枚にしました。

・ナイショ話西木野
元々は2枚採用されていましたが僕光西木野やデート西木野でめくっても有効タイミングになる回数が少なかったためめくれた時有効になりやすい僕光西木野に枠を1枚渡し1枚。
捲ったら嬉しいではなく引いたら嬉しいの枠です。

・キラセン西木野&晴れ着星空
邂逅テキスト。
8枚まで投入可能ですが今回は7枚。
残り1枚のスロットが現状レベル2に飛んでいますが帰ってくる可能性はあります。
晴れ着の方が多いのは「凛」名称だからです。

・僕光西木野
最初からずっと3枚で回していましたが助太刀が有効札になりにくいためなりやすいこちらを増やそうという消極的な理由で4枚目が入り4投。
自分を寝かせて起動効果を使い前列のキャラに起動修正をかけたりとノーコストで起が使えるキャラなので手札に握っておくと重宝する機会は多く増やして損はしていません。

・AnAn南
早出しメタ。
キラセン小泉ならデート西木野でも取れますが13000に届かないため不採用。
この数字は物語の昔話忍を見て決めています。
バーンテキストは積極的に使うわけではないですが押しこんだり調整したりと持っていて損はないテキストなので選択肢として持つために可能な限りCX僕光を打ちながら投げていきたいです。
メタカードですが赤で拾う難易度が若干上がっているので2枚。

・デート星空&AnAn星空
上位助太刀と上位応援。
ですがこの2種は明確な理由があって採用したわけではないため抜ける可能性は他のカードより高いです。
助太刀は起動運用で3500として扱えるのでまだよいのですが上位応援がレベル3からしか使わないのに投げるのは偶然握っていたりした場合と数字で見てすらいないので検討中です。
候補としては「"お月見するにゃ!"星空 凛」か「大号泣 凛」でしょうか。
アイマスにいるような起動使用2000修正がいればそちらを選んだのですがないので。
前者なら全体に補正をかけれますが起動補助が1体の可能性が高いので有効になるかは未知数です。
後者はレベル1キャラにも補正を乗せられ起動をノーコストで使用でき1ドロー1ディスが使えるので悪くはなさそうです。
しばらく後者から試してレベル3でのラインなどに問題がなかったら本格的に変更しようと思います。

・思わぬ失敗
かけ仲互換。
上で書いたので理由は割愛。
中盤からキープし続ける重要カードなので1枚飛んでも拾える2枚採用。

・デート南
ラブライブ!のヒールカードとして最もパフォーマンスが高いのがこのカードなのでメインのヒール役として4枚中の3枚を割きました。

・デート高坂
対照的にこちらは攻めるときにリフレッシュポイントで死なないようにするために投げ効果でトップ盛りし相手を倒すときに使うことを想定。
攻めるための回復です。
しかし攻める役はデート園田やハピメ星空が基本的には担っているのでその2種より優先度が低くヒールの中での役割でしかないので残りのヒール枠の1枚を割いています。

・デート園田
トップチェックバーン。
ラブライブ!は1ターンでけりをつけるのが得意なタイトルではないので複数ターンかけて相手を倒しに行きますがその時に自分のトリガーが分かっているかどうかが非常に大きいので採用しています。
艦隊の榛名や宇宙人のモモのように連続で投げ多重バーンするのではなくチェックのついでに1点与えるカードです。
終盤に1枚投げれれば十分なので2枚。
多重バーンしたいならそれこそ宇宙人などを使うほうが現実的です。

・ハピメ星空
逆圧縮。
GFとラブライブ!のみのカード。
試合展開にもよりますがヒールと同等、それ以上に拾う優先度が高いカードです。
複数ターンでの決着を狙うデッキにおいてこれ以上の詰めはないと思います。
しかし毎回必ず使うわけでもなく臨機応変に対応していくため集める優先度を高く設定することで枚数を抑え1投。
相手もこのカードの存在を知っている以上刺さらない試合も多々あるので。

・スクールアイドルフェスティバル
カムバック2種目。
僕光の採用がバレた時点で相手からすればここの枠がどんな種類だろうと採用されているとは思われないのでなんでもいいと思いどうせならイラストがいいPRにしました。
完璧にするなら「はじまりの想い」で統一しておくべきだと思います。

・僕光(カムバック)
対応カードで存在するのだから採用。
ただしゲートを採用しておりゲートが僕光西木野と同色で1帯での色事故回避のためネームの優先権は青にあるためこちらが1枚。

・僕光(ゲート)
色事故回避のために僕光4枚のスロットは採用する場合青から配るべきだと判断し3枚。
キャラを分けたのはなんとなくです。

 

2-2.一部の不採用 

・どんなときもずっと西木野
0で殴れない可能性があるというだけでマイナス評価。
ヱヴァやミルキィでこのテキストが使われたのは集中がなかったりどうしてもでしか使えず山を削るのが困難だったからだけと思っています。
そもそもラブライブ!の掘り速度ならこいつに頼る必要もないですし4000出力はぷよ凛が同色で担ってくれるので必要ありません。

・SDS西木野
どう考えても弱い。
1帯こいつに手も足が出ないタイトルは2帯から早出しで踏んでくるし1帯から踏めるタイトルは遠慮なく踏んでくる。
1コストを払った仕事を現環境で行えるとは思えないので不採用。

・自慢の作詞 にこ
こいつで早出しをメタしたところでどうにもならないですし仕事ができるメタのAnAn南をもらっています。
最悪手裏剣で我慢すればどうにでもなるので助太刀をこいつに変更してもラインが下がって困りますし不純物が増えるので不採用。

・私たちはスクールアイドル 絵里
1/1/2000助太刀兼3枚削り。
何度も書きましたがラブライブ!の速度でこいつは必要ありません。

 

3.マリガンと先攻後攻

3-1.マリガンプラ
僕光西木野・僕光CX・レベル0キャラこれ以外はカットします。
カムバックアイコンの方が多いのでマリガンは可能な限り行いたいです。
思わぬ失敗もレベル0の間はカットしたりクロックに置いたりで手札から離して2周目以降に期待をします。
1以降は握りっぱなしの方が楽なのでよほどのことが無い限りハンド維持を心がけます。

 

3-2.先行
基本的には1キャラ1パンエンドになります。
というのも先行を取ってドローゴーから入った場合エンドフェイズのハンドは7枚。
返しのターンメインフェイズには9枚でのスタートになります。
この時ぷよ凛を投げるとキャラ数が制限されているので2枚のみ送り出してハンドは7枚。
カムバックやゲートを捲るとバーストとなりアイコンが無駄になります。
序盤は集中でのストック管理が容認出来るのとハンドのCXもデート西木野での管理や僕光西木野で対応することで対処可能なのでアイコンを無駄にしないように動かします。
殴る時でもキャラを置いてしまうと後々ぷよ凛のテキストの邪魔になったりするので最小限が望ましいです。

 

3-3.後攻
後攻の場合相手の都合よりも自分のハンドの都合でパンチ数を選択します。
僕光がセットで揃っている→ある程度の無茶がカバー出来るので2パン
僕光キャラのみ→ゲートを引いたり捲って回収したりと時間をかけたいので1パン
僕光CXのみ→西木野を引っ張る時間が欲しいのでこちらも1パン
相手に無理に合わせるとすぐにハンドが枯渇するので自分のペースを大事にします。
ハンドやダメージは後から取り返しが効く方なので。

 

4.今期のラブライブ!
特段苦手なタイトルが多い環境でもなくラブライブ!自信も戦うためのの力を手に入れているので十分戦えると思います。
しっかり山を見て数えてテキストを止めればしっかりと弾いてくれるはずです。
詰める力が他より低いのはありますが山密度で対抗するしかないですね。
今期最後まで握っているかは分かりませんが戦えるのだからしばらくはラブライブ!で公認や非公認に参加していこうと思います。

 

というかラブライブ!Finalの後からモチベがやったら高いのでずっとこれ使います。μ'sic Forever