読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【ライブ】内田彩October Festival 2015~秋の収穫祭~ 大阪1部・東京1部・東京2部 

ライブ

頑張って書く

 アンコール前は全公演共通

1.Baby universe day
2.太陽と月
3.カボチャプリンのうた
(キディ・ガーランド)

4.佐藤くんが好きでしょうがない隊
(みつどもえ)

5.約束の空へ ~私のいた場所~
(劇場版ストライクウィッチーズ)

6.ギリギリ最強あいまいみー
7.まいまい伝説~飛翔編~
(あいまいみー)

8.Stray Sheep Story
(ビビッドレッド・オペレーション)

9.ぶる~べりぃ♥とれいん
(ラブライブ!)

10.BEAUTIFUL≒SENTENCE
(トリニティセブン)

11.progressive -漸進-
(絶対絶望少女)

12.Three Hearts
13.愛、花のように
(チェインクロニクル)

14.はじまりは隣の席でした
(KAKUSEN)

15.月夜のPersuasion way
(実は私は)

16.さよならの音
(オトノネ)

17.チョベリバ・コギャル・ナイト
(レーカン!)

18.TA・BE・GO・RO@ガール!
(ミリオンドール)

アンコール

19.
大阪1部:スニーカーフューチャーガール
大阪2部:オレンジ 

東京1部:キックとパンチどっちがいい?
東京2部:Merry Go

20.Growing Going

21.アップルミント

 

変なレポにしたくないので自分が思ったことをダラダラと書いていきます。

セットリストについては文句が出ない素晴らしいものでした。
自分は内田さんを知ってイベントなどで実際に声を聴くのが遅かったので「アスクール」などのデビュー当時のキャラの声や歌を聴くことはもう出来ないと思っていました。
しかしBlooming!のインストアイベントで収穫祭はキャラソンを歌う(収穫する)と話していたのでもしや聴けるのではと期待していました。
それでもほぼ全キャラやるとは思っていませんでしたしセットリストが演じた順番で声優内田彩の歴史を感じられる内容になっていると分かった時は本当に感動しました。

その中でも歌う前に作品ごとに演じたキャラのMCを挟み「声優 内田彩」の声を聴かせてくれたことも大きいです。

そしてその歌った後でキャラや作品についての想いのお話。
これが良かった。

例を上げれば、
「服部静夏は人生のターニングポイントとも言えるキャラ。
それまで自分はアスクールなどのように少しお馬鹿なキャラを演じることが多く自分でも『そういうキャラが合ってるんだ』と思い込みオーディションを受けた後『こりゃ落ちたな~』と思っていたが受かった。
その後音響監督さんなどと話をすると自分で自分の可能性を潰していた。
だけど服部静夏のおかげで可能性を潰さないで済んだ。
本当にありがとう。」
こんな感じのMCをしていたり(一言一句正確ではないけど)とキャラ一人一人について時間が押していると分かっていても(実際は忘れていたと思うけど)語ってくれることが嬉しかったです。

 

なんかこれ以上書けそうにないんで終わります。

とにかく言えるのは行ってよかったということです。