読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【ヴァイス】なのはグッドスタッフverWGP それと対戦ログ

ヴァイスーデッキ

WGP2013東京での使用デッキです。
当然なのは

Lv0:18

黄:2
久しぶりの再会 フェイト×1
代わりの人形 フェイト×1

赤:7
シュワルベフリーゲン ヴィータ×1
突然の襲撃 なのは×1
ウキウキ なのは×2
もぐもぐ ヴィータ×3

青:9
お寝坊さん シャマル×2
まどろみの時 リインフォース×3
春に生まれし風 リインフォースⅡ×4

Lv1:11

黄:8
”友達”フェイト×2
新たなる力 フェイト×3
ソニックドライブ フェイト×3

赤:3
カートリッジシステム なのは×3

Lv2:6

黄:1
感謝の気持 アルフ×1

青:5
守護騎士シャマル&守護獣ザフィーラ×1
別れの時間 リインフォース×1
ニゾンイン!はやて×3

Lv3:7

黄:5
守るべきものシグナム×2
雷の帰還 フェイト抱える3

青:2
一心同体 はやて&リインフォース×2

CX:8

赤:7
約束の朝×3
スターライトブレイカー×2
エクセリオンバスターA.C.S×2

青:1
石化の槍ミストルティン×1

 

7月のWGPと大きな差はないですが自分の中で現環境勝ち抜くため、安定性を上げるための微調整を続けた結果です。「WAS」やバウンスなど色々試しましたがこの形が今の結論です。
今回は半年の集大成でもあるので一部を解説。

 

代わりの人形 フェイト
Lv0でのパワーで勝つためのカード。2000+1もあるので半端なLv1ぐらいまでなら割れます。3500を4枚にせずこのカードを刺したのはデメリットの1点(強制)でLv0が長引くことを防ぐためです。普段あまり考えないことですが大事なことなので。

 

突然の襲撃 なのは
前回からの変更点その1。前回は思い出をはやてとリインフォースに早だしすることでの解決に依存していましたが今回は新たなる力と何か1枚での解決方法も用意しようということで1枚採用。実際無理に早だしする必要性を減らせたので正解でした。

 

ソニックドライブフェイト
7月の記事でも書きましたがカートリッジや屋上ヴィータでは場持ちが非常に悪いのでこちら。残った後でも火力をきちんと維持できるのが偉い。チェンジ前がcipパンプを持っているので腐りにくいのも評価できる箇所。

 

別れの時間 リインフォース
前回からの変更点その2。前はソニックドライブ+αでLv2まで見ることが出来ましたが環境が変わり難しくなったのでLv2での攻められるキャラを探した結果です。一心同体は場持ちすることが大事なので少しでも倒されそうなラインにアタックすることが出来ません。そうなると相手の早だし、特に屋根下に焼けるとこだけ焼かれバーンダメージを稼がれるなど一心同体で得られるアドバンテージより多くのアドバンテージを奪われてしまいます。なので、無理して使っても問題ないアタッカーということで採用。また、デメリット効果で思い出に飛ぶことも新たなる力とで記憶条件に繋がるところも大きいです。

 

帰還フェイトと一心同体はやて&リインの枚数変更
これは元がただの保険、引けない可能性を減らすためのものでした。なので削れるスペースではあったので今回新たに採用した2枚のスペースになりました。帰還は特に言うことないですがはやて、特にパーツについてはこれ以上増やしも減りも出来ないと考えています。まどろみの時はLv0で盤面に出すことも多い。ユニゾンイン!ははやてを早だしするときには2枚手札に加わるようにし早だし後後列に1体置きたいので。はやてが一番割られると嫌なターンが早だしした返しのターンなのでそのターンはきちんと守れるような手札、盤面に出来るよう常に意識しています。

 

次は対戦ログ。

1回戦目
vsD.C.(新聞)
Lv1から毎ターン2キャンするような山札でダメージレースは優位を保つ。盤面も自ターンのソニックドライブのパワーで一方的な展開にはならずLv2へ。こちらは安定のはやて早だし。相手はLv2のさらを採用していない型らしく立夏で継続してアタック。しかしここで手札にCXがだぶついたようでこちらのアタックがほとんど通りLv3へ。そして相手のターンのアタックを再び2キャンし返しのアタックでこちらLv2のまま勝利。対戦後手札を見せてもらいましたが通常ドロー、クロックドローでCXを3枚引きアタックで更に1枚めくれた時点で諦めたと言っていました。

2回戦目
vsRewrite(ちはや選抜)
初手CX3枚の時点で焦る。その後もLv0でキャンセルを連発しLv1に入る頃には控室に6枚。当然Lv1はほぼスルーすることに。なんとかはやてを出すがちはやのソウル2がきつくはやての防御力を活かせず負け。対策のウキウキなのはもアタックでクロック、控室に落ちデッキを削ることが出来なかったのが痛かったです。

負けましたが敗者復活枠を信じ継続。

3回戦目
vsD.C.(姫乃軸)
初手マリガン込で再びCXが3枚ほど見える。自覚ないと嘆きつつ試合を進めはやてを早だし、相手も姫乃を早だししてくる。しかし次のターンでミストルティンシナジーで姫乃を1ターン置物にすることに成功。ダメージレースを遅らせる。そしてLv3。こちら山札12枚。ドラを乗らせたい盤面だったのでシャマルでデッキ内のドラ以外を抜こうと思いサーチ起動。すると12枚中6枚CX5枚ドラ1枚トリガー無し(突然の襲撃)。ここで突然の襲撃を選びたかったのですがこれだけ詰まっていれば3キャンできると信じ次のターンリフレッシュダメージで負けないようにするため帰還を選択。そしてアタックで2枚CXがなくなるがそれでも山札8枚中4枚がCX。3キャン出来なければ今日残りも勝つことは出来ないと決意しターンエンド。その後の攻撃一回目で攻撃が通り負けFXで全財産を溶かした人みたいな顔をしてました( ´○‿ゝ○`)。

f:id:fate019:20131112025313j:plain


対戦後デッキ内を確認するとCX4枚が綺麗に下から重なっており今日は勝てない日だったと悟りました。

 

という訳で三回戦敗退となりましたがデッキ内容での後悔もプレイングでの後悔もなくスッキリと終わりました(悔しさは当然ありますが)。特に3戦目の後相手の方と横の卓でやっていた方とツイッターでフォローさせてもらうことが出来たので非常によい日になりました。
この後の行動ログらしきものは別記事で。面白かったので。


ともあれWGPに参加された方々お疲れ様でした!